ビジネスでのマナー基本を抑えてますか

社会に出て仕事をしていく中で、ビジネスマナーを身に付けることは、とても重要なことです。こういったことが原因でトラブルに発展する恐れもありますし、自分の評価が下がってしまってはもったいないものです。ビジネスマナーにはとてもたくさんの種類があるため、身に付けることは一見とても大変なように感じることがありますが、基本的な考え方ができていれば、スムーズに身に付けていくことも可能です。

その基本的な考え方が「周りの人を不快な気持ちにさせることがないか」というものや「常識的なことを理解しているか」といったものです。

例えば、よくある基本的なビジネスマナーに身だしなみがありますが、髪の毛の寝癖がひどかったり、肩口にフケがたくさんついていたりすると、周りの人が不快な気持ちになるだけでなく、自己管理がしっかりとできていない、という見方をされてしまうことが考えられます。

また、ポケットに手を入れて歩いていたり、猫背になって足を組んでいたりするのも、他意はないとしても周りから見たら無気力であったり非常識な人だととられてしまう恐れがあります。

また、ビジネスマナーには、言葉遣いに関するものも注意が必要です。外からかかってきた電話の会話で、自分の会社の人間を、さんづけで呼んだり、仕事中に同僚に「超仕事大変なんだけど。終わんねえよ」と、まるで家にいるかのようなくだけた言葉を使うのは非常識と言えます。

他にも、アメやガム、お菓子を食べながら仕事をするですとか、貧乏ゆすりをしたり、頬杖をつくなど、周りの人を不快な気持ちにさせてしまう行動と言うのは結構あるものです。「まるで家にいるかのような」と言いましたが、職場であって自宅ではないという意識をしっかりと持つことが大切です。

なお、昔から大切なビジネスマナーと言われている「ほうれんそう」にも注意を払いたいところです。これは、報告、連絡、相談の三つのことを言いますが、仕事の上でこういった行為がいい加減ですと、仕事が円滑に進まなかったり、信用を失ってしまうことも考えられます。

例えば、何か難しい仕事をしている時に、進捗状況や進め方を何も報告せずにいると、そのやり方に問題があった場合、手遅れになることがあります。

そういった意味では、取り組む際に不安がある場合は事前に相談をしたり、大事な情報に関しては連絡をしっかりとしてみんなで共有しておくといった意識も大切になってきます。

仕事はある意味、自分一人でするものではありません。自分の考えが絶対正しい、これ以上やりようがない、といった短絡的な考えを持つのではなく、常に最善の形をみつけていくような立ち振る舞いが大切と言えます。

ビジネスでもついついマナー違反が

ビジネスでもついついマナー違反が

基本を抑えてないと

基本を抑えてないと

ビジネスでのマナーは一般常識に

ビジネスでのマナーは一般常識に

応用がきくようになれば

応用がきくようになれば

Copyright© 2015 ビジネスでのマナー基本を抑えてますか All Rights Reserved.