ビジネスでもついついマナー違反が

ビジネスではついついマナー違反が出てしまいがちですが、特に昔と違って職場にフレンドリーな雰囲気が求められるところでは、なおさらそういう印象がありますが、職場全体で守る雰囲気を大切にする必要があります。 ビジネスマナーという言葉は最近は仕事の基本というような使われ方をしていることが多いので、まずここを考えることにします。 実は、エチケットも職場では大切にするように言われ、今、エチケットとマナーは混同状態ですが、前者はどちらかというとルールであり、後者は思いやりという区別ができるのです。前者はベルサイユ宮殿で秘密の花園を荒らすなという立て看板が語源ですし、後者はイギリスでの晩さん会でフィンガーボールの水を飲み干すというエチケット違反をしたお客様を慮り女王様が同じように飲み干したとエピソードがもともとであり、つまり思いやりということが語源なのです。 それに加え、職場内のちょっとしたルールも同じ仲間に入ってきていますので、使い方がとても難しくなていることは事実です。たとえば、ビジネスの世界で、特にメーカー系の企業では、「5S」(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)という運動があり、職場でいろいろな取り決めをしたりしながら、全員で守り、職場を良くしようということを行っています。しつけという場合は、仕事のルールを決め、手順も決め、それをみんなで正しく守る習慣を身に着けようというようなことも運動ですし、清掃なども自分たちでやり方や頻度、ポイント箇所なども相談したうえで決めて、当番で実施するようにしています。これらに反することも大きな意味では、本題のテーマと一致することになります。 さて、こうしたことに関して、ビジネスの世界で違反が出るのは、「ついつい」という表現が一番適切だと考えますが、起こりがちなことなのです。しかし、軽微なことでも反することは見過ごさないようにすることが賢明です。小さなほころびは大きなほころびにつながり、やがてはビジネスそのものに支障を来すことになりかねません。 本来の意味でのマナーであってもしかりです。最近は人に恨まれるとか、関わり合いになりたくないとか、疎外されたくないとかの気持ちが大きくなっており、注意しようという人が減っていますが、職場を良くし、会社を良くし、ひいては社会を良くするには、悪いことは悪い、違反は悪いことだときちんと指摘しなけばならないからです。

社内だけならの油断は

社内だけならの油断は禁物です。職場は自宅ではありません。勤め慣れた社内にも、ビジネスマナーはあります。 オフィスにおいて、よく見かけるのがサンダル履きです。通勤時は革靴でも・・・

ビジネスでもついついマナー違反が

ビジネスでもついついマナー違反が

基本を抑えてないと

基本を抑えてないと

ビジネスでのマナーは一般常識に

ビジネスでのマナーは一般常識に

応用がきくようになれば

応用がきくようになれば

Copyright© 2015 ビジネスでのマナー基本を抑えてますか All Rights Reserved.