ビジネスでのマナーは一般常識に

仕事というものは、正確に早く処理をして行くことも大切ですが、きちんとしたビジネスマナーを身に付けて実践していく力も必要です。仕事は色々な人と触れ合いながら進めて行くものです。ビジネスマナーが身に付いていれば、周りが気を遣うようなこともありません。部下からは憧れや尊敬、同僚や上司からは頼りなる存在として認識されることでしょう。 ビジネスマナーの一般常識としては、まず身だしなみが挙げられます。男性であればあまり伸ばし過ぎて目が隠れるようなヘアスタイルは好ましいものではありません。また、女性にも言えることですが、あまりも派手な色に染めたりしているのもよくありません。その他、寝癖やフケなどにも気を付けておくと良いでしょう。 服装は、スーツやシャツを選ぶ時に派手な物は避けるべきです。具体的にいうとすれば、スーツは無地が無難です。ストライプ地の物を着る場合はあまり目立たない物を選ぶと良いでしょう。シャツは白が基本です。それ以外の選択としては、問題ないのは淡いブルーぐらいまででしょう。 また、結婚指輪は別として、アクセサリーを付けるのも控えた方が良いでしょう。 とにかく、仕事をしに来ているという当たり前の意識を忘れないことが大切です。遊びに来ているわけでも、ファッションショーに来ているわけでもありません。おしゃれにしてはいけない、とまでは言いませんが、自分はもちろん、周りの人への影響も考えて、みんなが仕事に集中できる環境を作ることが大切です。 ちなみに、こうしたビジネスマナーをしっかりと守って、きちんとした身だしなみで家を出たとしても、仕事をしている途中で変化してしまうことがあります。話したり動いたりしていることで、汗をかいたり、口がかわいたり、肩口にフケがついてしまったり、色々なことがあるでしょう。ですから、そういった時のことを考えて、持ち物に気を配っておくこともビジネスの場で大切なことです。ハンカチ、ティッシュは定番ですが、ハンドミラーやウェットティッシュ、口臭防止スプレーなど、困った時に役立つ小物類を持っておくと助かるものです。

一般常識がないと思われるかも

ビジネスの世界にはマナーがありますが、基本的なマナーだけでも押さえておかないと一般常識がないと判断されてしまう恐れがあります。そして一般常識がないと・・・

ビジネスでもついついマナー違反が

ビジネスでもついついマナー違反が

基本を抑えてないと

基本を抑えてないと

ビジネスでのマナーは一般常識に

ビジネスでのマナーは一般常識に

応用がきくようになれば

応用がきくようになれば

Copyright© 2015 ビジネスでのマナー基本を抑えてますか All Rights Reserved.